リウマチ科について

タイトル:リウマチ科とは
リウマチ科とは
リウマチ科とは、関節や筋肉のこりや痛みを訴える疾患を診療している科のことです。

全身性疾患が多く含まれます。

【リウマチ科に関するコンテンツ】
▼リウマチ科を受診した方がいい症状とは?

【関節の症状】


【関節以外の症状】

▼リウマチ科でみる主な疾患

関節リウマチ、痛風、偽痛風、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎/多発筋炎、混合性結合組織病、高安動脈炎(大動脈炎症候群)、結節性動脈周囲炎、顕微鏡的多発血管炎、ベーチェット病、シェーグレン症候群、抗リン脂質抗体症候群、成人発症スティル病、血清反応陰性脊椎関節炎、乾癬性関節炎、リウマチ性多発筋痛症、回帰性リウマチ、悪性関節リウマチ、フェルティ症候群、ウェゲナー肉芽腫、サルコイドーシス、アレルギー性肉芽腫性血管炎、再発性多発軟骨炎、IgG4関連疾患、感染性関節炎、変形性関節症、不明熱など。

医療資格を取る
医療施設・病院で働く