腹部外科について

タイトル:腹部外科とは
腹部外科とは
腹部外科とは、食道から直腸、肛門までの消化管や肝臓、膵臓および脾臓などの臓器の疾患を診療・外科治療している科のことです。

外科の一つ。
外科は体の部位によって脳外科、胸部外科(心臓、肺)および腹部外科に分けられます。
腹部外科は主にに食道から直腸、肛門までの消化管や肝臓、膵臓および脾臓などの臓器の疾患を扱います。
食道は胸腔内にありますが、手術時に開腹術を伴うことが多いため、腹部外科とされる場合が多いようです。
太い静脈に直接チューブを入れて、高濃度の糖液、アミノ酸液を注入する中心静脈栄養法や種々の抗生物質の発見により、規模の大きい腹部外科手術も可能となりました。

【腹部外科に関するコンテンツ】
医療資格を取る
医療施設・病院で働く